コストパフォーマンスのよさの理由。国内検査体制でMADE IN ASIAのタッチパネルを安心品質に。

■トップページ > コストパフォーマンスのよさの理由

ただ安いだけでは仕方がない。品質と価格のバランスのよいタッチパネルディスプレイが欲しい!

私たちタッチパネル研究所のタッチパネルディスプレイはお客様から「値ごろ感があるね」「品質と価格のバランスがよいね」ということばを頂戴します。

これまでタッチパネルディスプレイを購入したときにこのような経験はありませんでしたか?

  • 安価な海外タッチパネルディスプレイを購入。届いた矢先に不具合が発生
  • 不具合をメーカーに問い合わせるも国内に在庫がないため本国に修理手配。その結果数か月の間、製品が手元にない状態に
  • 保証や保守体制が厚い製品を選んだものの、価格が高くて予算の中で十分な利益が出せなかった

アジアメーカーのタッチパネルディスプレイを国内検査で安心品質にしてからお客様にお届けすること。

いまや世の中に出回っているタッチパネルディスプレイのほとんどは中国や台湾などアジア諸国で生産されています。純粋な国産タッチパネルディスプレイはほぼ存在せず、タッチパネル製品の製造技術はアジア諸国に集約されています。これはタッチパネルディスプレイにかかわらず、おそらく私たちの身の回りの電気製品に共通して言えることではないでしょうか?それにもかかわらず、私たちは海外製品にある種の不安を抱き、国産製品に安心感を抱きます。
確かに国内メーカーに比べ、生産管理体制がずさんであることによる不具合、輸送のリスク、アフターケアの不足などで残念な製品があることも事実です。

だから、私たちタッチパネル研究所はタッチパネル技術のパイオニアとしてかねてよりアジアメーカーに生産技術指導を行ってきましたが、その中でも私たちの目からみて信頼のおけるメーカーから製品をとりよせ、国内に持ち込んだ後、お客様にお届けする前に、必ず全数検査を行っています。
ロット検査のみで出荷する会社もありますが、私たちは全数検査を行っています。

不具合の多くが初期段階に発生。だから出荷前の検査実施でその後の安定運用が期待できる。

タッチパネルディスプレイの不具合の多くは製造後の初期段階で発生することが経験上わかっています。 ですから安定運用のためにはまずは初期不良を出さないことが肝要です。「出荷前検査」で初期不良を抑えた製品はその後数年に及ぶ運用の中でダウンすることなくシステムに貢献、あるいは機器の一部品として安定した貢献ができるものと考えています。
もちろんこの検査体制をもってしても発生する不具合がないとは言えません。
その場合でも私たちは受注した製品数だけをアジアメーカーから取り寄せるのではなく、安定して国内在庫を持っていますので万一の不良の場合でもすみやかに代替え製品をご提供できる体制があります。

生産技術指導などで信頼関係を築いたメーカーからコストを抑えて製品を仕入れ、それを国内に入ってからお客様にお届けする前に全数検査を行って安心品質にする。これがタッチパネル研究所製品のコストパフォーマンスのよさにつながっています。

他社製品と比べたコストパフォーマンスを確かめて下さい。

では、本当に他社製品と比べてコストパフォーマンスが高いのか?
まずはメールでもお電話でもどちらでも結構です。お見積依頼をご連絡ください。
そしてコストパフォーマンスは価格だけでは測れませんので、本番環境の中でデモ機を検証してみてください。

ご要望によっては営業担当がデモ機を持参して製品説明に伺うこともできますので、お気軽にお声がけください。

お見積・デモ機のお申し込みはこちらへ